墨染残暮_消失期

18年6月。
等待我,请等待我。

ピクニック

死活写不出来那篇雪兔文……结果听到这首歌,我还写什么啊。洋次郎全唱出来了。

歌手:Radwimps

最期の夏の 入り口に立っていたのは8
伫立在今生最后一夏的入口
ナイフを首から ぶら下げた 青い魂
脖颈上垂挂的匕首 蓝色的魂魄
大きな瞳で世界を睨む どこまでも澄んだ 碧,
扩大的瞳孔睥睨这个世界 却只收尽浩荡无尽的碧蓝,
仲良しなどとはとても言えない この『毎日』に,
从未和睦相处过“每一天”,
あまりに突然にさよならを 切り出された,
却突如其来就要永别,
好きでもないのにフラれた僕を 君は横で笑う,
并非情愿被抛弃的我 又让你在一旁嘲笑,
希望の類から一番 遠い場所で待ち合わせしたんだ,
我一直都在 距离希望最远的地方等待,
誰にも踏まれてないままの まっさらな雪の上みたいな,
就像不曾有人涉足过的苍白雪地,
銀色のプールに 青い孤独がふたつ,
银色的游泳池 两个孤独的蓝色身影,
重ねた唇の 終わり方も知らず,
重叠的双唇 不懂该怎样结束,
僕らは奇跡にも 及ばない光,
我们是不足以称为奇迹的微光,
それでもいいと今夜は 君を眺め想う,
那又怎样 今夜我只想注视着你,
人生初心者 丸出しの 小さな戦士,
不知人生为何物的小小战士,
舞い上がるスカートを翼にかえて 生きる今日も,
飘起的短裙化作羽翼 今日也如此活着,
たまに上手に生きられた日には 隠れて笑ってみた,
对着总算活过来的日子 偷偷地笑了,
星を見上げて笑うことも,
仰望星辰开怀大笑,
ありがとう、ごめんねを使うことも,
嘴上念叨谢谢与抱歉,
一度としてないままに僕ら,
与这些无缘的我们,
月にも内緒で 世界を抜け駆けた
瞒过皎月 偷偷逃离地球,
飽きもせずに空は 今日も青いから,
天空不知厌倦的 今日依旧蔚蓝,
昨日も通り雨に 助けてもらったよ,
而昨日的我 又被阵雨拯救,
「無様にもほどがある」 誰かが遠くで言う,
活得太过狼狈了吧 谁在远处说道,
じゃあ誰に教わればいい? はじめて生まれたんだ,
可又有谁来教教我? 第一次有种念头,
宇宙のまばたきの間の 刹那に 恋をしたよ,
在宇宙眨眼的一刹那 爱意油然而生,
銀色のプールに 青い鼓動がふたつ,
银色的游泳池 两颗跳动的蓝色心脏,
重ねた唇に そっと思い出したよ,
重叠的双唇 打开了记忆之门,
あなたは僕がたしかに 生まれ落ちたあの日,
你就是在我落地的那一天,
この手からこぼれ落ちた この僕の片割れ,
从我手心滑落的碎片,
はじめてしがみついた この世界の袖,
第一次狠狠抓住 这个世界的衣袖,
振り払われようとて 握りかえしたよ,
即使被百般抖落 我依旧用力抓住,
僕らは 奇跡にも 及ばない光,
我们是不足以称为奇迹的微光,
それならいっそ僕ら,
既然如此 索性我们

End.

评论
热度(6)

© 墨染残暮_消失期 | Powered by LOFTER