墨染残暮_消失期

18年6月。
等待我,请等待我。

フユノ

网易云最近总是推些很雪兔的歌……听得想哭

歌手: ヒトリエ

揺らいだ揺らいだ,
摇曳着 摇曳着,
冬の風に踊る街模様,
冬风中舞动的街景,
溶かした溶かした言葉 ,
溶化了的 溶化了的话语,
届けたい届けたいのだけど,
想要传达到 尽管想要传达到,
私は私は,
我在 我在,
冷たい季節に夜を待っていた,
寒冷的季节中等候着夜晚,
揺らいで揺らいでこころ ,
摇曳吧 摇曳吧,
乾くんだってわかってても,
即便知道 内心 会干涸啊,
それはそれは,
那是 那是,
切ないという名前の感情よ,
叫做难过的感情哦,
あなたあなたそう言って,
你那样 你那样 说着,
口元を緩めたの,
放松了嘴角,
なぜかなぜか切なくて,
为什么 为什么 如此难过,
この感情も知っていて,
这份感情我也一直知道,
こころこころざわついた,
内心 内心 沙沙作响的,
そんな或る日のこと,
那般的某一天发生的事,
踊りたいんだって,
想跳起舞啊,
止めないで,
不要阻止我,
震えて動けなくなる前に,
直到震颤着动弹不得为止,
舞って消えないで,
舞动着 不要消失啊,
この想いごと消えないで,
不要带着这份思念消失啊,
笑いたいんだって歌唄って,
想笑出来啊 唱起歌吧,
かすれ声の示す方とは,
所谓示以嘶哑之声的方法乃是,
逆らって逃げ出して,
反抗着 逃出去吧,
また切ないを思い出す,
又一次 想起了那种难过,
揺らいだ揺らいだ,
摇曳着 摇曳着,
冬の風に霞む街模様,
冬风中氤氲的街景,
焦がした焦がした,
想要下潜进 尽管想要下潜进,
色に潜りたい潜りたいのだけど,
熏黑了的 熏黑了的颜色中,
私は私は,
我在 我在,
冷たい季節に夜を舞っていた,
寒冷的季节里 舞动于夜色,
揺らいで揺らいでこころ,
摇曳吧 摇曳吧,
痛むんだってわかってるの,
我知道的 内心 会作痛啊,
それはそれは,
那是 那是,
切ないという名前の感情で,
叫做难过的感情,
あなたあなたそう言って,
你那样 你那样 说着,
伏し目がちに笑うの,
低着头笑了出来,
つまりつまりただひとつ,
总言之 总言之,
誰しもが抱えている,
谁都拥抱着 独一无二的事物,
こころこころ染み付いた,
内心 内心,
色であふれても,
纵便在染上的颜色中 满溢而出,
踊り足りないの行かないで,
跳得还不够呐 不要走啊,
時間はやたらと駆け足に去って,
时间无节制地飞驰着逝去,
逃げ出して白い息だけ残して,
逃出去吧 只留下白色的呼吸,
忘れらんないの行かないで,
忘不了呐 不要走啊,
幾つもの問いかけだけを残して,
你只留下数个问题,
逃げ出した,
就逃出去了,
それはたぶん正しいけど,
虽然那大概是对的,
冬の風に踊る街模様浮かぶ夜の瀬,
冬风中舞动的街景 浮现而上的夜之浅濑,
ああ止めどなく変わりゆく,
啊啊将梦境的下文,
夢の続きを,
无休止地改变着,
言いたいの行かないで,
想说出来呐 不要走啊,
幾つもの問いかけだけを,
你只留下数个问题,
残して逃げ出した,
就逃出去了,
今もまだ,
现在仍然,
踊り足りないの行かないで,
跳得还不够呐 不要走啊,
時間はやたらと駆け足に去って,
时间无节制地飞驰着逝去,
逃げ出して白い息だけ残して,
逃出去吧 只留下白色的呼吸,
笑いたいんだってやめないで,
想笑出来啊 不要停下来,
かすれ声の示す方とは,
所谓示以嘶哑之声的方法乃是,
逆らって逃げ出して,
反抗着 逃出去吧,
この想いごと逃げ出して,
带着这份思念一起逃出去吧,
踊りたいんだって止めないで,
想跳起舞啊 不要阻止我,
震えて動けなくなる前に,
直到震颤着动弹不得为止,
唄って,
唱吧,
歌唄って,
唱起歌吧,
ただ歌を唄っている,
只是不停地唱着歌。

End.

评论
热度(10)
  1. SJmokipo 转载了此文字

© 墨染残暮_消失期 | Powered by LOFTER